絶対に失敗しないワキガクリームを使用感、口コミからおすすめ度を決定!男性・女性どちらのワキガにも即効性があり嫌な臭いを元から絶ちます!市販のワキガクリームの購入で悩んだら参考にしてみてください。

2018年おすすめのワキガクリームはこれだ!市販のワキガ対策商品をランキング

ワキガ知識

脇汗を制汗剤で止めて体に影響はないの?

投稿日:

汗は本来、老廃物を体外へ排出するために欠かせない存在です。
とはいえ、年頃の女性にもなると脇汗が気になる方も多いでしょうし、ワキガである方はなるべく脇汗を抑えたいところでしょう。
そこで脇汗を制汗剤で止めている方も多いと思われますが、果たしてその制汗剤が身体に悪影響を与えることはないのでしょうか。

添加物

制汗剤に含まれている添加物

制汗剤について考える上で注意したいのが添加物です。
添加物とは、汗を止めるという本来の目的以外で配合されている各種成分のことであり、例えば香料などがこれに当てはまります。
制汗剤を使う人の中には、運動後の臭いを抑えるために使用されている方も多いでしょう。
その場合はなるべく制汗剤のニオイの強いタイプを選んでいるかもしれませんが、当然このニオイは自然に発生しているわけではありません。
天然由来の香料が使われていることもありますが、発がん性が報告されている物質もあります。
極々一部でメーカーも当然考慮している問題ではありますが、より身体の安全を考えるのであれば余計な添加物は避けたほうが賢明なのです。

鉱物油

一部制汗剤には鉱物油が使用されているタイプもありますが、最近ではこうした鉱物油が使用されていないタイプも販売されており、不安がある方はそちらを中心に購入されることをおすすめします。
鉱物油は毛穴の詰まりなどを誘発するため、たまにならともかく常に使い続けるような制汗剤では影響が大きくなりがちです。
また、肌との相性の問題も考えられます。
肌相性が悪い鉱物油を選んでしまうと、制汗剤を使用した箇所にかゆみなどが発生するかもしれません。
新しい制汗剤を使用される場合は、経過に注意しながら使用しましょう。

汗を止めるということ

制汗作用

先ほど説明しましたが、本来汗を流すという行為は人間の生命活動において欠かせません。
汗を流さなければ、体内に溜まっている老廃物を外に追いやることができないためです。
また、汗はかかなくなればなるほどどんどん汗の少ない体質へと繋がっていきます。
常に汗が流れないようにするのではなく、必要な場面でのみ制汗剤を使用することをおすすめします。
何事も使いすぎは悪影響の原因になりますが、制汗剤も例外ではありません。

アレルギー反応

あまり多いケースではありませんが、制汗剤を使用してアレルギー反応が現れている方もいます。
体質の問題はどうしようもないので、以前アレルギーのような反応を経験した方は制汗剤を刺激の少ないものに変更しましょう。
一番危険なのが、制汗剤によるかゆみを仕方のないものだ、と受け入れてしまうことです。
制汗剤によるかゆみはメーカーとしても想定したものではなく、一旦使用を中止する必要のあるかゆみです。
その点を間違えないように注意しましょう。

汗を止め続けたら

常日頃から制汗剤を使用し続けて、汗が流れなくなったらどうなるでしょうか。
実は、老廃物を体に溜め込みすぎると体臭が悪化する可能性も大いに考えられるのです。
体臭を止めるために制汗剤を使っていたのに、制汗剤が原因で体臭が強くなってしまったら元も子もありません。
また、汗をかかなくなることで肌が弱くなる可能性も考えられます。
肌が弱くなるとかぶれの原因にもなりかねないので、直接影響はないにしても使いすぎには注意しましょう。

もしも汗をかく頻度が少なくなったら、思い切って運動で汗をかいてみることも大切です。
一旦閉じかけてしまった毛穴を再び元通りにすることで、本来の状態を取り戻すのです。
夏場は制汗剤の出番も出てくるかもしれませんが、それ以外の場面ではなるべく持ち歩かないようにしてみましょう。

制汗剤以外の汗対策

制汗剤に頼りすぎないようにするためには、速乾性のあるインナーなどを使用することがおすすめです。
最近はカラーバリエーションも増えていますし、制汗剤だけが汗対策ではありません。
脇汗に限れば脇パットなども販売されているので、時折使用してみるとよいでしょう。
また、男性の方は定期的に脇毛を梳くことをおすすめします。
多少なりともさっぱりすることで脇が蒸れてしまい、脇汗の増加を防ぐことができます。
特に肌が弱い方は、制汗剤ばかりに頼っていると肌荒れを起こしかねません。
汗に悩まされる気持ちはなかなか拭えないかもしれませんが、自分の体調を守るためにも普段から制汗剤以外の方法を実践してみることが大切なのです。

不安なら天然成分の多いものを

化学合成添加物など、汗を抑えるという本来なら体質を変化させかねない効果を持っているのが制汗剤です。
もちろん、普通に使っていれば体調に影響を及ぼすことはほぼありません。
大切なのは制汗剤に頼りすぎないことです。
朝出かける前に制汗剤、その後もカバンに忍ばせておいてなにかある度に制汗剤を使っていると、どんどん制汗剤に依存しかねません。
適度に使用を済ませておくことで、逆にワキへ悪影響を及ぼさないように注意しましょう。

-ワキガ知識

Copyright© 2018年おすすめのワキガクリームはこれだ!市販のワキガ対策商品をランキング , 2018 All Rights Reserved.