リスクを避けて人妻と出会う!トラブルが起こらない出会い方まとめ

人妻には旦那や家族がいるので深い関係になるとリスクもあります。
まだ深い仲にはなっていなくても思わぬトラブルに発展してしまうこともあるので、人妻と出会うときはリスクを最小限にしておくことが大事。

人妻と出会う上で気をつけておくべきこと、避けておくべきこと、安全な方法などを知っておきましょう。

基本中の基本!人妻と出会うときにリスクを避ける方法

人妻との出会いを求めると少なからずリスクが発生します。
相手はフリーや独身ではありませんし、こういったことには出来るだけ注意をしておくようにしてください。

声をかけるときは1人かどうかよく確認する

人妻に声をかけるときは、相手が1人かどうかをしっかり確認しておきましょう。

カフェやバーなどで人妻が1人でいるように見えても、実際は分かりません。
席を外しているだけかもしれませんしナンパ中に旦那が戻ってくる可能性もありますから、隣や向いの席にカップやグラスなどがないか確認しましょう。

スーパーやショッピングモールでも同じ。
一時的に家族と離れて買い物をしているだけということもあるので、好みの女性がいたら少し様子を見ます。

最悪の場合、旦那が怒って向かってくる…ということもあり得ます。

自宅や職場から近すぎる場所で出会うのは止めておく

ナンパ場所は自宅から近い方が楽ですが、リスクを考えてある程度の距離を取りましょう。
自宅や職場に近いということは、周辺に知り合いも多くいるということ。

いくら好みの人妻と出会うことができても、知り合いに見られてしまうとリスクが大きくなります。
不倫は「誰にもバレない」ことが前提なので、最低でも2~3駅は離れた場所で声をかけるのがおすすめ。

世間は意外に狭いので、たまたま見られた職場の人と人妻が知り合いということもあります。
同じ生活圏内だとリスクがあるので、自宅などから徒歩圏内でのナンパはNGです。

断られたらしつこくしない

人妻に声をかけて断られたときはすぐに引くようにしましょう。
不倫をする人妻もいますが、全く興味がない女性ももちろんいます。

しつこくすると勧誘や不審な男だと勘違いされてしまうこともあり、大きな声を出されたり通報されたりすることも。

また、近くに家族がいることもあります。
旦那の前でナンパされて気まずくなり冷たい態度をとることもありますし、断られてもしこくするメリットがありません。

怪しさを感じたら接触しない

ナンパでも出会い系でもそうですが、いつでもきちんとした女性と出会うことができるわけではありません。
勧誘や詐欺目的でナンパ待ちをしている女性もいますし、出会い系には業者やサクラもいます。

言動や行動に違和感があれば、いくら好みの人妻でも接触するのは止めておきましょう。
言動がちぐはぐ、ナンパ慣れしすぎているなど、少しでも変だと思うポイントがあれば関わらないことをおすすめします。

ノリが良くても注意!関わるとリスクがある人妻のタイプ

好みの人妻と出会うためには努力も必要です。
何度も断られてしまうと心が折れて妥協することもありますが、こういった女性はリスクもあるので気をつけておくようにしましょう。

出会ったときから積極的すぎる

不倫をすることに対して積極的すぎる女性は危険です。

例えば、ナンパをしたらすぐにノリノリになって連絡先を教えてくれる、女性側から今すぐどこかに行こうと誘ってくるなど。

旦那とグルになって慰謝料を取ろうとしてくる夫婦もいますし、旦那役の男が現れて脅迫されるなんてこともあります。

普通の人妻であれば、ナンパをされたからといってすぐに積極的にはなりません。
悩むことなくOKを出すような女性は、他に目的がある可能性があります。

せっかくノリの良い人妻と出会うことができたので残念にはなりますが、リスクを考えてその場を立ち去るようにしましょう。

警戒心が少なすぎる

女性は男性よりも警戒心が強いのは当たり前です。
ナンパされても出会い系で出会うにしても少しずつ心を開いていく…というのが自然な流れ。

知り合ってすぐに2人で会う、ナンパすると悩みながらもOKしてそのまま2人きりで飲みに行くなどは警戒心が少ない証拠。

警戒心が少ない女性は、日ごろから物事に注意を払っていないので、関係をもつと旦那にバレやすいです。
不倫が旦那にバレる原因の1つがスマホ。

警戒心が少ないとリスクを考えずに行動してしまいがちです。
スマホの履歴を消去しない、旦那が家にいるときでも連絡をしてくるなど、予想外のことをするのでバレやすくなります。

初対面でベラベラと聞いてもいないことを喋る

聞いてもいないことを自分から話す人妻は要注意です。
ナンパや出会い系での出会いにも関わらず聞いてもいないことを話す女性は、余計なことを言って自ら自爆する典型的なタイプ。

お喋りが大好きなので、我慢できずに不倫していることを友人などに話してしまうことがあります。
お茶に誘っただけで、自分のお茶の好み、今日のこれからの予定などを話す女性は注意。

出会うと不倫関係までがスムーズですが、深い関係になってから苦労することがあります。

上から目線で高飛車

ちょっとナンパをしただけで男性を査定するような言動や目つき、上から目線の女性はリスクがあります。

プライドが高い傾向があるので、不倫関係になってからが大変。
上から目線なので「仕方なく会ってあげている」という姿勢になりやすく、トラブルに発展しやすいです。

初対面だと無意識の内に良い人を演じるのが普通。
初対面のときから上から目線だと今後はもっと酷くなっていく可能性があるので、出会うことがあっても避けておくのが無難です。

リスクが大きい!人妻との関係で気をつけておくべきこと

好みの人妻と出会うことができたら、あとは良い関係を続けていくだけ。
不倫なのでお互いに守っておくべき暗黙のルールがありますから、いくら仲良くなっても一線は超えないようにしましょう。

連絡や会うペースを考える

連絡は人妻のペースに合せましょう。
仕事が忙しい旦那であっても体調不良や代休などで自宅にいることもあります。
「絶対に旦那にバレない時間」というのはないので、連絡は人妻に任せるのがベター。

旦那が不在がちでも会う頻度が多いとバレやすくなるので、会うのは月に2回以内にしておくのがおすすめ。

女性は男性がいるのといないのではメイクや雰囲気、表情も変わるので、頻繁に会うのはおすすめできません。

連絡を取ったら履歴を消去する、会うのは月〇回だけと最初にルールを決めておくとスムーズです。

出来る限り個人情報は伝えないようにする

不倫関係である以上、人妻には必要以上の個人情報は伝えないのがおすすめ。
氏名や住所、勤務先の全てを教えてしまうと何かあったときに逃げることはできません。

人妻が本気になってしまう、ストーカー化してしまう、旦那にうっかり伝えてしまうなどがあり、リスクが大きくなります。

付き合いが長くなって信頼できれば伝えても良いですが、最初の内は「全部知らない方がミステリアスで良いから」など言って避けましょう。
ネット時代ということもあり、個人情報を知られてしまうと何か起こるか分かりません。

依存されないように一定の距離を保つ

女性は、体を許した相手に依存しやすいという特徴があります。
旦那とケンカする度に連絡をしてくる、2~3日に1回は連絡が来るという状況なら危険。

そのまま依存していくと「旦那と別れるから結婚して」など迫られることも。
そんな事態にならないように、一定の距離を保ちましょう。

愚痴を聞いたり癒しの存在になったりするのは人妻を落とすテクニックの1つ。
しかし、何時間でも愚痴を聞く、いつでも人妻を最優先にする、などをしていると依存させやすいので注意しましょう。

最初は人妻が最優先でも良いですが、徐々に一定の距離を保つことをおすすめします。

人妻の前で他の女性の影をちらつかせない

女性は女性のことをライバル視することが多いです。
自分以外の女性とも関係をもっていると知ると嫉妬してしまうことがあるので、他に女性がいないフリをするのがオススメ。

気にしていない素振りを見せていても内心メラメラしていることも。

「私は何番目なんだろう」「私はその女性と会えないときの代わりかもしれない」とネガティブになってしまうこともありますし、人妻の嫉妬心を煽っても良いことはありません。

リスクを避けられるかどうかは自分次第

人妻と関係をもつことは少なからず危険があります。
すぐにバレてしまう人、バレずに関係を続けていくことができる人の違いは、リスク回避できるかどうか。

人妻と出会うこと自体も大事ですが、常にリスクを考えて相手を選んだり行動したりするようにしましょう。

地雷系の人妻や依存体質の人妻もいますし、人妻狙いの男性をカモにしている詐欺もあるので注意して出会いを探すようにしてください。