【人妻と不倫】メリットとデメリットを解説!リスクを少なくして楽しもう!

フリーの女性や独身の女性にも魅力的な人がいますが、人妻には独特の色気があります。
人妻と関係を持つということは不倫になるのでリスクもありますが、色気や魅力には勝てません。

では人妻と不倫をするメリットとデメリット、リスクをできるだけ少なくする方法を紹介していきます。
きちんと理解してトラブルを回避していきましょう。

既婚者ならでは!人妻と不倫をするメリット5選

人妻と不倫をするメリットは肉体関係だけではありません。
人妻だけをターゲットにしてセフレにしている男性もいますが、それにはこういったメリットがあるからです。

スリルや優越感を味わえる

日常生活の中でスリルを味わうことは多くありませんが、不倫は常にハラハラした気持ちを味わうことができます。
「いけないこと」なので、男性も女性も余計に興奮しやすいというメリットも。

彼氏がいる女性に手を出してもスリルは味わえますが、不倫は浮気のスリルとはレベルが違います。

更に、優越感も段違い。
普通のセックスばかりしていると物足りなくなってきますが、相手が人妻だとドキドキ感やワクワク感も楽しむことができます。

体の関係にもっていきやすい

人妻が不倫をするよくある理由は、セックスレスと旦那への不満。
男性に優しくされたい、性欲を満たしたいという気持ちがあるので体の関係にもっていきやすいというメリットがあります。

セックスレスになっていると「女性としての魅力がないのかも」と思いがち。
そんな時に男性から声をかけられると嬉しくなりますし、悪い気持ちにはなりません。

独身女性だとセックスレスになれば彼氏と別れれば良いだけですが、結婚しているとそう簡単に別れることはできません。
そのため人妻は性欲や不満を我慢しやすく、誘われると誘惑に負けてOKするケースが多いです。

アブノーマルなセックスも楽しめる

不倫をする人妻は高い確率で欲求不満です。
旦那とセックスレスになっている、普通のプレイしかしないから物足りない、して欲しいことがあっても旦那には言えないなど。

セックスは男性が主体ですることが多いので、普通の行為しかない旦那だと女性は我慢するしかありません。

不倫はいつ終わってもおかしくない関係。
引かれるかもしれないという気持ちよりも好奇心の方が勝るので大胆なプレイもお願いしやすいです。

男性も奥さんや本命の彼女にはアブノーマルなセックスは求めにくいですが、浮気相手なら別。
それと同じで、人妻も不倫相手と色々と試したくなります。

割り切った関係なので面倒が少ない

独身女性と関係をもつと恋愛感情をもたれてしまうことがあります。
彼氏もちの女性であっても、彼氏と別れて自分の恋人になるように迫ってくることも。

しかし人妻は簡単には旦那とは別れませんし、遊びだと割り切っています。

一時的な不倫だと理解していますし、誕生日プレゼントや記念日のお祝いを求めてくることもなく、他の女性と関係をもっても問題ありません。

自分には旦那がいるので束縛をしたり感情的になったりということが少ないのもメリットです。

お金がかからない

人妻は不倫していることを周りに隠したいので、不倫相手と一緒に出歩くことはできるだけ避けます。

デートや旅行、外食などをするとお金がかかりますが、人妻が相手だとそういった場所に行かないのでお金がかかりません。

イベントごとのプレゼントやデートも必要ありませんし、会うのは基本的にホテルだけという不倫カップルも。
人妻は節約志向の人も多いので、一緒に食事をしても高級感や豪華さを求めないというメリットもあります。

不倫にはリスクもある!人妻と不倫するデメリット4選

人妻と関係をもつメリットはたくさんありますが、デメリットもいくつかあります。
理解せずに体の関係になってしまうと後悔してしまうこともあるので、どんなことがあるのか知っておきましょう。

旦那にバレたときのリスクが大きい

不倫が旦那にバレてしまうと様々なトラブルが起こります。
慰謝料を請求されることもあれば、会社にバラされてしまうなど、社会的な制裁を受けることも。

不倫発覚がキッカケで離婚することになり、人妻から責任をとって結婚するように迫られてしまうケースもあります。

金銭的、社会的、精神的にダメージを負うのは不倫の一番のデメリット。
バレないように警戒して密会するのは当たり前ですが、運が悪いと思わぬことから旦那にバレてしまうこともあります。

会える時間が限られている

人妻は家庭をもっているので自由に会うことはできません。
連絡を取り合うのも気をつかいますし、会う日時は人妻の都合に合せることになります。

独身のセフレであれば会いたいと思ったときに会うこともできますし、連絡をすることもできます。
人妻はタイミングが合ったときしか会うことができないので、好きなときに欲求を満たすことができないというデメリットがあります。

せっかく会う約束をしても家庭の事情でドタキャンされることもあり、急な呼び出しはまず不可能だと考えておきましょう。

どちらかが本気になるとトラブルになりやすい

不倫は割り切った関係が前提ですが、どちらかが恋愛感情をもつこともあります。
最初はただの遊びでも絶対に本気にならないという確証はありません。

男性が本気になってしまうと苦しむことになり、女性が本気になると家庭崩壊して滅茶苦茶になることも。
不倫相手に子供がいれば問題も大きくなります。

最終的に誰かが傷つくという結果になってしまうと後味も悪く、後悔してしまうこともあります。

締まりが良くないことが多い

出産を経験するとボディラインが崩れやすくなり、締まりも良くないことが多いです。
せっかくナンパをして不倫関係になったとしても気持ち良さが少ないという可能性も。

不倫はメリットもデメリットもありますが、リスクを背負うほどの気持ちよさがない場合もあります。

締まりは人によっても違いますが、特に出産してからそんなに年月が経っていない場合は緩いことが多いです。

人妻との不倫でデメリットを最小限に抑える方法3選

不倫はメリットとデメリットがあるのでいかにリスクを抑えるのかが大事です。
危ない関係だからこそ燃えますが、無謀な不倫は危険すぎるので以下のことに気をつけておきましょう。

危険な出会いは避けてリスクの少ない出会い方をする

職場や近所の人妻など、身近にいる女性との不倫は避けておくのが無難です。
リスクの少ない出会いの基本は、共通の知り合いが1人もいないこと、自宅や職場を知られていないことの2つ。

知り合いと不倫をするとトラブルが起こる可能性が何倍にもアップします。

ストリートナンパ、クラブ、バー、出会い系サイトであれば自分の素性も分からないので安全度が高いです。
バレてしまうとダメージが大きすぎるので、好みかどうかよりも安全かどうかを一番に考えるようにしましょう。

関係がこじれそうになったら終わりにする

不倫は、終わりたいときに終わらせられるような関係が理想です。

自分に依存しすぎている、束縛やヤキモチが酷くなってきている、頻繁に連絡が来るなど、「不倫以上の関係」になってきていれば終わりにしましょう。

他にも、断っても個人情報を知りたがる、駆け引きをして気を引こうとしてくる、などがあります。
不倫以上の関係を求めるのは、不倫関係がこじれる手前の合図。

必要以上のことを求めてくるようであれば、様子を見て少しずつ距離を置くようにしてください。
ハッキリ伝えると怒り出すこともあるので、仕事などで理由をつけて距離をとることが大事です。

最初にルールを決めておく

不倫をするときは最初にルールを決めておくとスムーズです。
例えば、連絡は週に1回、連絡をとったらその場で履歴消去する、写真は撮らないなど。

関係をもつ前に「ルールを決めよう」と言うと冷めてしまうので、初回の行為の後に2人で決めるのがおすすめ。

これからも会えるかどうかを聞き、OKなら「でも旦那さんにバレたらマズいよね?ルールでも決めとく?」というような流れで提案するとスムーズです。

自分の要望ばかり伝えると不信感をもたれてしまうので、人妻の意見も聞きながら2人で考えていくようにしましょう。

人妻との不倫はメリットデメリットを理解してからにしよう

人妻は色気があって刺激的なので男心をくすぐります。
お金がかからない、アブノーマルなセックスも楽しめる、割り切った関係になれるなど独身女性にはないメリットもありますが、デメリットもあるのが現実。

旦那にバレるとリスクが大きいので、できるだけ安全な不倫を心がけて楽しむようにしましょう。